スローガン

2019年になりました。
今年もよろしくお願いします。

今年のスローガンは、これにしました。
20190111204039733.jpg


耐え忍ぶべきは堅く耐え忍び、
決断すべきときは迷わず決断する。
そんな心意気です。


昨年は、思い立ったことは即行動!
の精神でしたが、1年経ってみて、
これだけでは続かない、というのが本音です。
いろいろやってみましたが、すべてが「お試し期間」で、さわりだけのような感触。
終わってみれば。やっている最中はもちろんすべて全力でしたが。
ペダルから足を話した自転車みたいに、ぐらついていつかは減速して倒れてしまいそう。


自分の中に、何がしたいのか、根拠をもって、芯がないと、どこにも行き着けない気がします。
最後はどこにたどり着きたいのかを、ぶらさずにいたい。
また、そのためには、常に学び続けなければいけないと痛感します。


情報収集、知識の獲得、トレーニング。
無意識にできることは、多い方がいい。
意識して取り組めることには、限りがあるから。
意識して動かしているものを、自動化して、無意識にできるまでトレーニングして、落とし込む。
そして新しくできた余白に、また意識をプラスしていく。
それが自分を高める一つの手段。


また多くのことをしたいと思うほどに、重要なのが、取捨選択。
いろんなものを捨てたのもまた事実。
「継続していたことを、やらなくなる」というのも、積極的に何かを捨てている訳ではないけれど、結果的に失っていくことになってしまう。


「継続」という点で、
大切な人との関わりは、途絶えさせてはいけないものだと強く思いました。
お世話になった方や、助けてくれた友だち、忙しさに負けて気付いたらずっと連絡していなかった、ということのないようにしたいと思います。


戸惑うことがあったり、内省する余裕があかったり、様々な状況に置かれることになりますが、どんな状況でも、最低限疎かにしてはいけない日常があるなぁと。


人との関わり、学び続ける、トレーニング。
その日常が、いずれ来る決断の時、自分を支えてくれる。



そんな思いを込めてのスローガンです。

この記事へのコメント